スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月31日

2010年04月01日 00:19

今日は3月31日。mixiでやたらセンチメンタルな書き込みが多いです。
別に環境が変わることへの不安とか、別れがつらいとかそんな感情は一切ないんですが、ちょっと触発されて書いてみようと思う。

今日はいいことがありました。
僕の稚拙な文章でだらだら書き綴っているこのブログに、まさかリピーターがいるとはw
正直なところ自分が書く文章にはまったく自信がなかったので、すごく励みになりました。ありがとうございます。

ブログやってて一番うれしいときは、コメントがついたときです。
すなわち、誰かに自分の文章を見てもらえたという実感を得たとき。
おそらく僕には文才なんてもんは微塵もないんでしょうが、それでも「見てもらえた」という事実は僕に自信を与えてくれます。それがまったく知らない人に伝わったのであればなおさらですねー。願わくば、今後ともごひいきにw

3月31日ということで、そろそろ大学生としての自覚を持とうかなと。
ここ最近はやたらと内省的な文章しか書けてない・・・まあいろいろありましたからねぇ。
1,2ヶ月前の自分の精神状況はひどかった。
自殺なんていうワードが一瞬脳裏に・・・無論そんな勇気はなく「自殺はいいすぎにしろ、いろいろとめんどくさいな人生・・・」くらいに思ってました。それくらいしんどかった。
今の自分の状況と比べれば、たった1,2ヶ月前にそんなことを考えていた自分がウソのようです。

僕はなにかつらいとき「たぶん俺ほど不幸な奴はいない」とか考えます。
いくらテレビでアフリカの子が飢饉で苦しんでると報道されても、いくらそんな自分を励ましてくれるような歌を聴いても、所詮は気休めで、現状の自分が楽にならないと意味がない。そんなふうに考える。
でもしばらくして冷静になり世界を見渡してみると、不安や恐怖で沈んでいた自分が、確かに過去に存在したことにちょっとした驚きを感じる。
やはり自分はなんだかんだで幸せだと思える日がきっと来る。
心が正常に回帰するよう働きかけるのが、本なのか、周りの人間なのか、自分なのか。はたまた時間が解決してくれるのか。
もしかしたら他にもあるかもしれない。このブログのタイトル「マドノソト+」も、僕の部屋の窓から眺める景色が僕の励みになったことに由来します。普段とは違って窓の外の景色がとてつもなくきれいに見えたんだなあそのときは。
人間の心は弱く、ちょっとしたことでコロッと変わってしまう。いつまでも幸せに感じることは不可能なんでしょう。

だらっと日常が続き、でもそれは本当はかなり幸せなことで、たまにとんでもない幸せ、そしてたまに不安や恐怖のどん底を経験する。そんでしばらくして、そんなこともあったなあと懐古しながらまた元の日常へと戻っていく。
たぶん人生はその繰り返しだと思うんです。
間違ってたらごめんなさい。18歳なんで勘弁してくださいw

高校生活でそんなことを学びました。これ書いてる間に4月1日になってます。大学ではなにが待ってるんでしょうね、楽しみです。
いつまでもこんな独りよがりな文章を書いてるわけにはいかないし、このブログもそろそろ時事ネタ入れてくべきかな?w
なにはともあれ、こんなしみったれた文章はしばらく控えて、少しでも興味を持ってもらえるような文章が書けるよう頑張ります。今後ともマドノソト+をよろしくお願いします!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://minamiboshi.blog44.fc2.com/tb.php/64-d6799f0b
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。