スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこんばんは京都大学

2011年04月04日 01:06

昨日に続いて書くことにしよう。

阪大受かったにもかかわらず京大を受け直すという、世間の常識の流れから真っ向に逆らった僕の一年が明けたわけである。
阪大は休学した。退学するほどの大それた勇気は僕は持ち合わせていなかったわけである。
後に某予備校に通い普通の浪人生のように受験勉強に励んだ。
阪大は休学したために単位をとることなどはなっからキャンセルである。
もし京大に落ちて阪大に戻れば留年という我が人生最高の栄誉を得ることになり、かつ一年後れのためにせっかく作った友人とも疎遠となる。
無論興味のない勉学に対して一年分の単位を取り返そうなどという気力もないであろう。
つまりは落ちる=阪大での死を意味したといったといっても過言ではない。
私はこの一年間この恐怖にさいなまれ続けた。

未来のことをいくら考えても、未来の方向を明確に決定付けることはできない。
自分の模試の成績と照らし合わせて自分に自信を得ようとしても、そんなものは試験当日の出来不出来を前にしてはまったく意味を成さない。
つまりいくら安心しようと努めても、この一年間は絶対に安心することはできなかったのだ。
不安になることしかできない一年。これにはさすがに閉口した。

これは現役のときにはなかった感覚である。
現役のときは浪人のつらさなどわからないし、ましてやこんなことになるなど思いもしなかったのだから。

単位をとろうとしていなかったので、世に言う「仮面浪人」とはちょっと異なった体裁をなしていたかもしれない。

そして今日からおそよ一ヶ月前に京大の試験を受けた。
結果は合格。3月31日付けで阪大を退学することになった。
そして4月1日をもって京都大学の人間となったわけである。

合格してまだ入学式も始まっていないが、今のところ京大生の自覚はない。
それどころかほかのいろいろな不安がよぎる。
私は新たな大学でまっとうな時間を送れるのだろうか。
怠惰な、無価値な4年間にしたくはない。
自分の未来に納得したかったために私は一年前に大きな決断をした。それが無と帰すのは惜しいどころか迷惑をかけた家族に申し訳が立たない。

私は自分に自信がない。こんなありきたりな、ノーマルな人間がこれからの世間の波を渡っていけるのか。
私はオリジナルな存在となりたい。アイデンティティ崩壊の危機は常に私の背後に迫っている・・・!

この四年は私にさまざまなオプションをつける機会である。
素体に近い今現在の自分に、死ぬときに自分の人生に納得がいくようなパーツをつけるのだ。
面白きこともなき世を面白く。
下鴨神社からほど近い鴨川デルタから鴨川の水面に、再び不毛な水泡を浮かべないように精進するだけである。

ちなみに此度の更新は普段の口語調のものとは異なっている。
森見登美彦に感化されていることは内密に。今度からは普段通りに更新する所存だ。
彼の京都、京大に対する愛が満載な小説たちが私の将来に影響を与えたことは言うまでもない。

自分の選択には納得している。あのとき京大を目指さなければ私は本当に腐敗の一途を辿っていた。
しかしもし一年をやり直せるなら、阪大入学を辞退して普通に浪人して京大を受けたであろう。
仮面浪人なんてするものではない。
名前からは想像できないほどに仮面浪人はつらい。疲弊する。
家族に迷惑だし、受かるかどうかはいくら成績がよくても結局は前期試験の出来に左右されるという半ば博打に似た行為だ。
私は今満足しているのは所詮結果がよかったからなわけであって、
落ちたにもかかわらず「落ちたけどこの一年で得るものがあった!」などと前向きになれる保証は一切ない。
むしろ仮面浪人を決断した自分への後悔の念にさいなまれること請負である。

なにはともあれ私は今幸福である。
自分をオリジナリティある人間にするために、小生はひたむきに努力しよう。
その途中経過はこれ以降もこのブログに書き連ねていき、個人の力ではどうにも揺るがない地盤をもったこの社会に少しでも大きな傷をつけて私の人生の痕跡を残したいと思う今日この頃である。
スポンサーサイト

こんにちは京都大学

2011年04月03日 01:40

最後の更新から丸一年、まったく更新せずにいた私であったが、
今年度4月1日をもって我が人生のひとつの節目となったために、此度の更新をすることにしたわけである。

思い返せばおよそ一年と一ヶ月前、私は高3で京都大学の入試会場にいた。
得意としていた化学が難化し、試験時間中は焦りで口の中がパッサパサ、時間とは悲しいかなそういうときに限って一瞬の邂逅のうちに過ぎ去り、気づいたときには大問2を丸々空欄で解答用紙を提出する羽目となった。
結果は惜敗である。
合格最低点までわずか6点のために私の一年、いや私立の中高一貫校での6年間の努力は水泡と化し、
試験終了後に訪れた鴨川の清らかな流れときらめく水面のなかに消えうせたかに思えた。

しかし京都の鴨川は支流となって大阪の淀川になるためか、その努力の水泡は鴨川から淀川へと漂い、
やがて大阪の川の岸辺にたどりついたらしい。
水泡は音をたてずにはじけ、中にたまった6年の思いと努力が、大阪大学で後期試験を受けていた私のもとへ再び舞い戻った。
勉強の甲斐あってか私はなんとか後期試験に合格し、全身全霊をもって神に感謝した。
嗚呼やはり努力は裏切らない。願わくば大阪大学で麗しき女性との薔薇色のキャンパスライフを・・・!

私は大阪大学の人間となった。
しかし合格して実際に講義に出てみると、なにか納得がいかない。
そもそも私は京大では農学部を志望していた。
しかし阪大には農学部はなく、私はしぶしぶ生物工学コースを有する基礎工学部に籍を置いた。
自分の学力レベル、通学圏内という問題との兼ね合いで決定したことである。
入ってみると基礎工学部というだけあって、やることはいかにも工学である。
生物工学の「生物」というのは、もはやおまけ程度の扱いであった。
聞くところによると現状ではバイオ関係はバイオ単体では行き詰まった学問のようだ。
そのために「工学」の分野と融合することによってバイオテクノロジーを「飯を食っていける研究」に変形させ、新たな学問の道を拓くことをこの学科では目指しているようである。

いくらなんでも生物を工学の視点から見つめることに全面的に頼り切っていることはあるまい。
そもそも生物を工学でとらえるってどーいうこっちゃねん。それだけじゃ無理にきまっとる!
このコースでは工学は一つの手法にすぎないんでしょ・・・?

そんな一連の私の甘い考えは再び水泡となり淀川を流れ、大阪湾、広大な太平洋へとたどり着き、とうとう虚無の波にのまれようとしていた。

さすがにこの現実には気が滅入った。
私が勝手に作りあげたイメージは無造作に詰まれた書物のように崩れ去り、本で埋め尽くされた床に足場はなく、私は現実と理想の間をふわふわと浮かんでいた。

私は自分の今までを省みて、そして私の周りを見回した。
そこらへんの人間よりはがんばったはずである。しかし結果は実らず、滑り止めでひっかかった。
同じようにともに努力し京大に合格した友人のことを思うと、とたんに羨ましくなった。そしてすぐにやりきれない思いがドロっとした黒い塊となって腹の中に沸いて出た。
一体どうしてこうなったのか。後期で受かったのにどうしてこんなにつらいのだろう。
思えば高1の夏、初めて京大というものを見たとき、京都大学が私のなかの大学のイメージとなった。
そのイメージが崩れただけでもつらいのに、自分のこれからやる学問にまで絶望している。

いよいよ私は自分の未来に疑問を持ち始め、そして我が人生最大の決断をする。
今思えば向こう見ずなまさに若気の至りといった決断であったように思われる。
まあしかしこうするしか納得がいかなかったのだ。
この世に生を受け18年しか生きていない小童なりに考え抜いた結果である。この結果に至るまで私がどれほど苦悩したことか。現実に涙したことは多々ある。

私は高1の夏以来ずっと憧れていた京都大学をもう一度受け直すことにした。続きはまた後日書くことにする。

3月31日

2010年04月01日 00:19

今日は3月31日。mixiでやたらセンチメンタルな書き込みが多いです。
別に環境が変わることへの不安とか、別れがつらいとかそんな感情は一切ないんですが、ちょっと触発されて書いてみようと思う。

今日はいいことがありました。
僕の稚拙な文章でだらだら書き綴っているこのブログに、まさかリピーターがいるとはw
正直なところ自分が書く文章にはまったく自信がなかったので、すごく励みになりました。ありがとうございます。

ブログやってて一番うれしいときは、コメントがついたときです。
すなわち、誰かに自分の文章を見てもらえたという実感を得たとき。
おそらく僕には文才なんてもんは微塵もないんでしょうが、それでも「見てもらえた」という事実は僕に自信を与えてくれます。それがまったく知らない人に伝わったのであればなおさらですねー。願わくば、今後ともごひいきにw

3月31日ということで、そろそろ大学生としての自覚を持とうかなと。
ここ最近はやたらと内省的な文章しか書けてない・・・まあいろいろありましたからねぇ。
1,2ヶ月前の自分の精神状況はひどかった。
自殺なんていうワードが一瞬脳裏に・・・無論そんな勇気はなく「自殺はいいすぎにしろ、いろいろとめんどくさいな人生・・・」くらいに思ってました。それくらいしんどかった。
今の自分の状況と比べれば、たった1,2ヶ月前にそんなことを考えていた自分がウソのようです。

僕はなにかつらいとき「たぶん俺ほど不幸な奴はいない」とか考えます。
いくらテレビでアフリカの子が飢饉で苦しんでると報道されても、いくらそんな自分を励ましてくれるような歌を聴いても、所詮は気休めで、現状の自分が楽にならないと意味がない。そんなふうに考える。
でもしばらくして冷静になり世界を見渡してみると、不安や恐怖で沈んでいた自分が、確かに過去に存在したことにちょっとした驚きを感じる。
やはり自分はなんだかんだで幸せだと思える日がきっと来る。
心が正常に回帰するよう働きかけるのが、本なのか、周りの人間なのか、自分なのか。はたまた時間が解決してくれるのか。
もしかしたら他にもあるかもしれない。このブログのタイトル「マドノソト+」も、僕の部屋の窓から眺める景色が僕の励みになったことに由来します。普段とは違って窓の外の景色がとてつもなくきれいに見えたんだなあそのときは。
人間の心は弱く、ちょっとしたことでコロッと変わってしまう。いつまでも幸せに感じることは不可能なんでしょう。

だらっと日常が続き、でもそれは本当はかなり幸せなことで、たまにとんでもない幸せ、そしてたまに不安や恐怖のどん底を経験する。そんでしばらくして、そんなこともあったなあと懐古しながらまた元の日常へと戻っていく。
たぶん人生はその繰り返しだと思うんです。
間違ってたらごめんなさい。18歳なんで勘弁してくださいw

高校生活でそんなことを学びました。これ書いてる間に4月1日になってます。大学ではなにが待ってるんでしょうね、楽しみです。
いつまでもこんな独りよがりな文章を書いてるわけにはいかないし、このブログもそろそろ時事ネタ入れてくべきかな?w
なにはともあれ、こんなしみったれた文章はしばらく控えて、少しでも興味を持ってもらえるような文章が書けるよう頑張ります。今後ともマドノソト+をよろしくお願いします!

帰還報告2

2010年03月25日 17:20

京大前期落ちて精神が崩壊しそうだった僕ですが、阪大後期受かりました。
神様がよほど慈悲深かったのか、打ち沈む俺にせめてもの救いを差し伸べてくれたのでしょうか!
ということで4月から大学生です。このブログもそろそろケータイ仕様にしようかと思ってます。

前期落ちて後期発表までの間、僕は生きた心地がしませんでした。

俺だってちゃんとやってたはずだ!なのに神様よ、受かった奴と落ちた奴を分けた判断材料は何なんだ!
なんで俺が置いてけぼり食らわなきゃなんねぇんだボケ!

こんな思考を延々と繰り返し、そんで次のような思考をするにいたる。

「大学出た後ってどうなるんだ?」

たとえば、むかし僕が進路として考えた京大の工学部建築学科。
日本はもともと土地が狭く、人口も減り続けている今、建築士というのは京大を出ていても就職できないという現状。
京大生のコミュニティでは、業界は飽和状態で、志が強ければ迷わず海外へ行けと言われるほど。
それで進路を農学部に変更したんだけどさ。

一度は考えたことのある医学部。偏差値的に地方のだけど。
ほぼ地方でしか働けず、花形の大都市の大学病院勤務なんて不可能。医局がどーのこーの。
一生地方で老人の体を見るハメになるのか?お金には困らんだろうけど、それって楽しいのか?

今回受かった阪大基礎工学部。就職はいい。
しかし大学のネームバリューに頼って大して将来のこと考えなかったら、毎朝満員電車に揺られながら通勤し、毎日パソコンに向き合うことになるのでは?それを大学卒業してから約40年間続けるのか?

まあしかし、俺はこれがやりたい!っていう、それもかなり強い志があればどんな職種でも楽しいんだろうなあ。
俺の場合そこまでたいしたもんは持ってないので上記の未来はどれも嫌です。

ぶっちゃけ有名国公立出てたら幸せな人生が待ってると思ってたふしがある。
でも大学でなにも自分から学ぼうとしなかったら、世間に出てからその後の長い人生どーやっていったらいいかわからんくなるんじゃないか、そんなふうに思ったわけです。
そうしなければそれこそソラニンの種田たちのようなモラトリアムを経て、重松清が描くような人生の路頭に迷った中年サラリーマンになってしまう・・・

社会に出て働いている姉が「明日会社だるー・・・」と漏らしたわけですが・・・
毎日が楽しくてめちゃくちゃ幸せなんていう人生はたぶんありえないんだろうなあ。
毎日がなんとなく幸せっていうのがMaxなんでしょうか。若造の僕にはまだよくわかりません。
まあ僕が今しなければならないことは、自分から学ぶ勉強、そして将来を考えることだとわかりました。精進します、はい。かなり青臭い文章になってしまったけれど、18歳なんてこんなもんですよね!ではノシ

どんより曇り空の下

2009年05月22日 19:40

学校が臨時休校になりました。その一報を聞いたときの僕の喜びようといったら、そりゃあもうって感じでしたね。
しかしいざこうやって過ごしてみると、大してすることがない。否、しなければならないことはある。宿題もとい受験勉強である。しかしこうだらだら過ごしていると、ほんと億劫に感じてくる。暇なので、普段読書なんてしないのにこの1週間で3冊は読破してしまった。性懲りもなく、ついさっき「天使と悪魔」の記念すべき1ページ目を開いてしまったが、さすがに踏みとどまった。けだるい時間の背後に潜む「こんなことしてていいのか」という自責の念、焦燥の感情にとらわれながら、今こうしてキーボードを叩いているのだ。

そもそも休みだというのにずっと曇りというのがいただけない。
昨日はまだ晴れ間が見えたので、自転車で旅に出た。このけだるい時間を吹き飛ばす何かを捜し求めるという一大青春ファンタジーであった。とりあえず本屋や電気店を回ってみたが、そんな金銭的に解決するようなものではないということを悟った。おそらく僕に彼女がいればそんな空しい問題は一発で解決するものを・・・。2時間に及ぶ僕の青春ファンタジーは、そんな空虚な結論に至る始末。帰り道には雨がちらついてきて、とうとう僕の心は荒みきってしまった。

近々このPCも寿命を迎えるかもしれません。
電源を切って次回起動するまでに1日おかないとブルースクリーンが出現する ――― そんな謎仕様のこのポンコツPCも、とうとうノートン先生の有効期限が切れそうなのです。思えば、リカバリすれば直るんじゃないかと思ってリカバリした3ヶ月前、結局直らなかったこのPC。それから上記の症状のまま3ヶ月生きながらえましたが、無料ノートンが切れたら最後、このPCはウィルスまみれになることでしょう。
逆に受験にはもってこいかもしれないので、あえてこのまま放置する予定。ブログがどうなるかは今後の生活の忙しさに左右されそうです。

そーいえばメタルギア最新作の情報発表のカウントダウンが延長されたそうで。次回作はMGS5ということになるんでしょうか。主人公は雷電だとネットではもっぱらの噂。公式を見るに、6月のE3で発表があるらしい。また5日後に公式で情報が公開されるようだけど、大したことは発表せずE3でお披露目って感じがする。気長に待ちましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。